平家の一覧

  • 212坪の敷地に堂々と建つ53坪の平家です。以前からある建物の解体、造成工事なども含めた建替えの計画だったのですが、敷地内に以前からある桜を残したいという強い意向で、道路と敷地の関係に始まり、建物の敷地配置や部屋の配置なども桜の位置を考慮して決定しました。もちろん、浴室からも桜が良く見えます。

    当初より大きい吹抜けの空間が欲しい! とのご希望があり、約43.5帖もある大きなリビングは大屋根の勾配を利用し、最大で高さ4mを超える空間になりました。玄関ドアを開け、一歩室内に足を踏み入れると、建具等空間を隔てるものは何も無く、このリビングの大空間につながります。平家ということを忘れてしまう程の開放感が広がります。また、玄関ドアの両サイドには透明ガラスのFIX窓が。玄関の内側と外側に同じタイルを貼り、内外の“つながり”や“一体感”を演出しています。

    また、床も壁もドアも白に統一し、徹底的に生活感を排除した無機質な空間に仕上げました。L字型の大きなリビングはリビングスペースとダイニングスペースを分けるように、中央にアイランドキッチンが設置され、空間を緩やかに仕切っています。また、L字の凹んだ中庭部分には、ウッドデッキを設置。ウッドデッキに面した大きな窓を室内の床とフラットになるように取り付けているので、段差無く出入りすることができ、リビングの一角として使用することができます。

    キッチンスペースにも生活感を出さないように工夫しました。食器棚は壁に埋込み、冷蔵庫や炊飯器、レンジなどの家電も収納できるように設計しました。インターホンや給湯器のリモコン類もこの収納内に設けています。テレビ周りもスッキリ見せる工夫がしてあります。壁掛けテレビを設置する部分には、配線用の穴を施工。配線類はこの穴を通って、壁の裏の収納に隠れます。AV機器なども一緒に、この壁の裏の収納に設置。ゴチャゴチャする配線も全て壁の裏に隠すことでリビング側からはテレビのディスプレイのみが見え、スッキリとした壁面が実現します。

    また、こちらのお家には『茶室』も設計しています。畳には“炉”を切り、水屋も設置。モダンな空間の中に突如現れる和の空間も素敵です。また、お茶をしない時には掘りこたつでくつろぐこともできます。和室のサッシに取り付けた雪見障子から季節の移り変わりをしっとり眺めることができる空間です。

    内装や外装にこだわっただけでなく、以前からある桜をうまく活かした敷地配置や、部屋の配置を実現したことで、どの部屋に居ても心地良いお家に仕上がりました。毎年、桜の季節が楽しみですね。

    詳しく見る

  • 白黒でまとめられた和モダンの雰囲気がかっこいい平家です。横長のスリム窓が外観のアクセントになっているだけでなく、外から手が届かない高い位置に取り付けてあるので、防犯面でも安心です。窓を開けたままでも安心して就寝できます。1階に寝室がある平家のアイデアですね。室内から見ても、光が差し込む様子は素敵ですよ。

    玄関ドアを開けると、桧のフロアが目に飛び込みます。ポーチと玄関の床は黒っぽいタイルで、和風の雰囲気の落ち着きある空間でとても素敵です。玄関ホールから見える小さい小窓は室内窓。ほんのりと明かりが漏れ、家族の存在を感じることができるアイテムです。

    玄関正面の扉を開けると、主寝室があります。壁の一面に赤紫のクロスを貼り、お部屋のアクセントにしました。この部屋にも高い位置に取り付けたスリム窓から明かりが入ります。主寝室と続きで洋間を設置。この部屋にもスリム窓を取り付けています。高い位置に付いているので、カーテンが無くても外の視線が気になりません。

    リビングの天井は杉の化粧梁をあらわし、杉板を張ってています。温かみのある木の内装は、ほっと一息つける空間です。リビングには続き間で和室も設けました。来客時には、扉を閉めて使用すれば客間としても利用できます。

    水廻りもこだわりました。キッチンはお手入れのしやすさがポイントです。ダークな色合いで、モダンな雰囲気に仕上がりました。ユニットバスの出入口は2枚引戸で開口を広く取れるように設計しました。ユニットバスの内装も色合いが素敵です。

    スリム窓を上手に使ったほっと一息つける温かいお家になりました。

    詳しく見る

  • ちっちゃくてかわいい平家を建てたい!
    ご実家に階段が多いことから平家に住みたいと願うご主人様と、お家で卓球をしたいと願う奥様のお家です。
    リビングダイニングは、国際規格サイズの卓球台を置いてプレイを楽しめるほどの広さ!卓球台を仕舞いやすいように、リビングダイニングに広い物入れも設けました。そして、ご自身で探して来られた一枚板をダイニングカウンターに! 自然の木のゴツゴツ感は正にこだわりポイントです。
    また、ダイニングと別に、それぞれのお部屋にも机カウンターを設けました。お化粧やDJなど趣味を楽しむスペースも充実!
    L・D・Kから各部屋につながるコンパクトな平家だから、家族をいつも近くに感じて過ごせるお家です。

    詳しく見る

  • 濃い茶色と白色の外壁のコントラストが映えるスタイリッシュな外観の平家です。
    玄関ホールに隣接した土間収納はホール側の出入り口の垂壁をアーチにしてお洒落に仕上げました。また、土間収納内の壁一面は靴を置いた時の壁の汚れが目立たないように幾何学模様のクールな壁紙をアクセントに貼りました。玄関を入って左手には、リビングダイニング。大きな家電や家具を置くこともできるように、壁面を大きくとりました。また、洗面に出入り口を2ヶ所設けて、リビングダイニング~洗面~キッチンへぐるっと一周回れる設計にしました。動線が短くなることで家事がスムーズにはかどります。
    床や壁紙、カーテン・ブラインドの色を変えることで、各お部屋の空間を思い通りのイメージにコーディネートできました。

    詳しく見る

  • 赤いレンガ柄と木目柄の外壁をバランスよく張り分けた平家です。
    壁で仕切らない土間収納を設計し、広い玄関ホールを実現しました。来客時の視線を遮る時には、ロールスクリーンを使用。土間収納~パントリー~キッチン~リビングと家の中をぐるっと一周回れる動線は、奥様の強い味方ですね! パントリーには収納するものを考慮した高さで、棚を4枚取り付けました。リビングダイニングに隣接した和室には壁一面に収納を設けました。その収納の一部は、奥行きを2つに分け、和室側は仏間スペースに、反対の廊下側は物入れにしました。使い勝手の良い奥行きの収納に仕上がっています。
    リビングと主寝室にはパソコンコーナーを設け、棚も取り付けました。お子様の勉強スペースとしても活用できます。居室にはそれぞれテーマカラーを設定し、出入り口ドアや壁紙の色をセレクトしました。

    詳しく見る

  • 白い外壁を全面に張り、木目柄の玄関ドアでシンプル&ナチュラルな雰囲気に仕上げたお家です。玄関ホールには土間収納を隣接させ、土間収納内部の壁紙は汚れの目立ちにくい濃い色をセレクトしました。収納の開閉戸は白で統一して壁と一体感を持たせることで、空間を広く見せる演出をしています。対面キッチンのリビング側の壁には大きなカウンターを取り付けました。下段のカウンターは収納スペースです。リビングの天井には、室内物干しを取り付けました。使わない時は取り外しもできます。キッチンから食品庫への壁開口は上部をアーチにしてお洒落に仕上げました。主寝室や廊下やトイレなど、適材適所に収納棚を考慮し、収納スペースを充実させました。

    詳しく見る

  • 古き良き日本の伝統を意識した、本格和風の外観です。勝手口側には車いす用のスロープを設けました。勝手口は車いすで出入りし易いように、内土間~床をフラットに仕上げました。
    玄関ホールの左側は、2間続きの本格和室です。書院障子のある床の間、雪見障子や欄間、広縁も設けました。広縁の突き当たりにはお庭を眺めるための大きな透明FIX窓を取り付けています。エアコンも押入れの上に埋め込みました。リビングダイニングは、お洒落なカーテンが目を引く出窓から、たくさんの光が差し込む明るい空間に仕上がっています。その他に、主寝室と3部屋、衣裳部屋も設けました。

    詳しく見る

  • リビングに隣接して設けた2間続きの和室がポイントのコチラのお家。和室2間はもちろん、リビングの引戸を開けると3つの空間がひとつになり、ひろ~い空間が生まれます。3つの部屋が全部南側に並ぶように設計されているので明るさも抜群です。夏の日差しを軽減するために、窓の外にはカフェなどでよく見掛けるシェードを設置。東側には子ども部屋。北側に水廻りと寝室を配置しました。
    洗面室へはキッチンと廊下の両方からアクセスでき、家事動線にもこだわりました。また、玄関横に設けた土間収納も助かりますね。たっぷりと広さを確保した、ゆったり暮らせるお家になりました。

    詳しく見る

  • こちらのお家は、お子様が独立された後のご夫婦お2人のお住まいです。古民家風の外観をイメージし、外壁の張り分けと付け柱でアクセントをつけました。玄関右手に、はたっぷり靴が収納できる可動棚を取り付けた土間収納を設けました。リビングに設けた掘りこたつは、壁に寄り掛かれる位置にこだわって、コタツの位置を決めています。
    キッチンは、リビングから壁を挟んだ位置にあるので、お客様が来られてもキッチンの中が見えません。そのキッチンの後ろには倉庫を設け、洗濯物を干せるように物干し金物を取り付けました。愛犬を繋ぐ金具も付いているんですよ。
    リビングから廊下を挟んだ和室は、押入れ、仏間、床の間が並び、本格的な和室です。
    洗面化粧台は脱衣所の外に設置しました。そうすることで、お客様が泊まりに来られている時でも気兼ねなく使用することができます。また、脱衣室が広く使えるメリットもあります。浴室の窓は透明ガラスにして、窓の外にある箱庭を楽しみます。

    詳しく見る

パルのお薦めコンテンツ


英工建設株式会社 一級建築士事務所
〒755-0023
山口県宇部市恩田町2丁目22番2号
TEL 0836-21-6141 FAX 0836-32-6616
フリーダイヤル 0120-20-6141
営業時間:8:00~17:00 G.W、お盆、年末年始はお休みします。
| Eメール | アクセス | 会社概要 | プライバシーポリシー |
Copyright © 2015 英工建設株式会社 All Rights Reserved.