よくある質問<プランニング編>

予算内で満足いく家づくりをするコツは?

家づくりのプランを考えると、どうしてもあれもこれもと要望が多くなってしまいます。
これから先の長い人生を共に歩んでいく家ですから、できる限りの要望を叶えたいと思うのは
当然のことですね。
予算内で満足のいく家づくりをするコツは、まず「これだけは絶対に実現したい!」という
こだわりをしっかりと見極めることです。
そして、実現したいものから順に並べていき、その順番に応じてプランに組み込んでいきます。
何を第一に実現したいかという要望はご家族皆さんで意見が異なるでしょうから、
予めそれらをきちんと取りまとめておくことも重要ですね。

オプション工事は本当にないの?

オプション工事がある場合とない場合とでは、建築費の合計金額は大きく異なります。
広告では安い金額でうたっている会社でも、いざ打ち合わせを始めてみたら
「オプション、オプション・・・」の繰り返し。
「最終的には当初予定価格を大幅に上回ってしまった」なんて話もよく耳にします。

私たちが提案するプランの中には、子育て世代に必要なものは全て標準装備に含まれています。
しかし、お客様の中にはもう少し違ったものが欲しいなどこだわりを叶えるために一部オプション工事になってしまう場合もあるかも知れません。
設備や仕様については打ち合わせの段階から詳しく確認させていただきます。
そして、どれがオプション工事になるかどうかについては、しっかり確認いただいた上で決定します。
ご安心ください。

設計事務所に相談した方がいい?

こだわりの家や普通とはちょっと違った個性的な家をつくりたいという場合は、

設計事務所へお願いするのもひとつの方法です。
但し、全ての設計事務所が良いというわけではありませんので注意が必要です。
注意しなければならない3つのポイントは次の通りです。

1.あまりにも高い設計費には疑問が残ります。
建築費の10~15%が妥当な金額です。

2.使い勝手や予算を考えずに、家を作品化してしまうことがあります。
依頼する際にきちんと要望を伝えることが大切です。

3.どんなに設計が良くても施工をする職人の腕が悪ければ台無しです。
施工会社はどうやって決めるのかなどについてもしっかり確認をしましょう。

以上のことに注意して、検討すると良いでしょう。

工事途中での変更・・・やっぱりムリかな?

どんなに一生懸命に打ち合わせをしたつもりでも、工事が始まってカタチになるに従って、
図面だけでは分からなかったことに気付くようになります。
これから先の長い人生を過ごす家なのですから、少しでも理想に近付けたいと思うのは当然のことでしょう。

後になってから慌てないためにも、打ち合わせの段階で詳細まで確実に決めてしまうのが一番です。
ただ、工事途中にどうしても変更したいという場合には、すぐに連絡してください。
できる限り対応します。但し、工事の進捗状況によって既に発注している部材もある場合は、

やむを得ず追加で費用をお願いしなければならないこともあるのでご了承ください。

クロスのイメージをつかめない

クロスは壁だけでなく部屋全体の印象を決定付ける大切なものだけに、選ぶのが非常に難しいですね。
サンプルは小さなものですから、本当は仕上がりを確認するのが一番良いかも知れません。
でも現実はなかなか難しい問題です。
そのため、見学会などに参加して、好みのクロスはどんなタイプのものなのか、その色や質感、

肌触りをその目で確認するのが良いと思います。

その際に大切なのは、部屋毎の完成予想図を頭に思い浮かべながら見るということです。
テーブルやソファ、観葉植物などの色や配置を考え、そのイメージに合うクロスを選んでいただきたい

ということです。
部屋全体のカラーコーディネートや照明器具を頭に思い描くことで、クロスのイメージも少しずつ決まってくると

思います。

将来、間取りの変更をしたい

間取りの変更についてですね。

結論から言うと、間取りの変更は可能です。

木造在来工法の家はツーバイフォー工法やハウスメーカーの家と比べて、
比較的簡単に間取りの変更を行うことができます。
誰にとっても将来のことをきちんと予測することは不可能です。
予定よりお子様が増えるかも知れませんし、歳をとるに従ってバリアフリー住宅についての
要望が切実なものに変わるかも知れません。
また、ご両親と同居する可能性だって否定できませんね。

ライフスタイルの変化に応じて間取りを自由に変えられる木造在来工法こそ、
子育て世代にふさわしい家づくりの工法なのだと思います。
その魅力は構造現場見学会などで確認できます。

インテリアのアドバイスもお願いできるの?

インテリアは部屋全体の雰囲気を決める非常に大切な要素です。
家の中でリラックスして過ごすためには、そこがご家族皆さんにとって安心してくつろぐことのできる、
居心地の良い空間でなくてはならないでしょう。

インテリアを上手にまとめるためにはいくつかのポイントがあります。

まず、クロスや床材の風合いを統一すること。
次に、基本となる色を決めて、その色に合わせて部屋全体をカラーコーディネートすること。
そして、使いやすさを重視しながら家具を配置し、カーテンや照明器具を揃えます。

インテリアでお悩みの場合は、遠慮なくご相談ください。
これまでの経験と知識を最大限に活用して、あなたの家づくりをトータルサポートしていきます。

結露を防ぐにはどうすればいい?

冬になって暖房を入れると、窓ガラスにじっとりと水滴が付いているのを目にしたことが
あるでしょう。
住宅にまつわる不平・不満の内、必ず上位に挙がるのがこの「結露」についてです。
結露対策として挙げられるのは、次の通りです。

1.サッシをペアガラスにする

2.断熱材は密度の高いものを使う

細かい説明は除きますが、結露はこの2点によってほぼ解消されます。
しかし、こういった建築上の対策の他に、結露を防止するためには日常生活の中でできるだけ
「換気」を心掛けることが大切です。

寒い冬の時期でもなるべく2時間に1回、5分程度は窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。
また、台所やお風呂場の換気扇をできるだけ利用するように心掛け、
時には除湿器を使いながら室内の空気を動かすことも大切です。

自然素材はお手入れが大変?

自然素材の家は無垢の床板、珪藻土(けいそうど)による壁、梁をむき出しにした天井など、
自然のぬくもりを体いっぱいに感じることができる開放的な空間です。
一歩足を踏み入れれば誰でも、まるで森の中で暮らしているような爽やかな気分を味わうことができるでしょう。

但し、自然素材には汚れが付くとなかなか落としづらい、傷が付くと目立ちやすいなどの
短所があることも事実です。
家づくりを考える際には、それぞれの長所と短所をきちんと理解した上で、
ご家族皆さんにとって一番良いと思うものをお選びください。

また、完成後は粗雑に扱うのではなく、十分に可愛がってください。
家はこれから長い人生をずっと共に過ごす大切な器です。
年に一度の大掃除だけでなく、定期的にたくさんの愛情を注ぐ良いお付き合いをしてください。

収納スペースはどれくらい必要?

一昔前までに建てられた住宅、そしてアパートは、収納スペースが極端に少なくなっています。
「新築したら収納スペースだけでも多くとりたい!」とお考えの方も多くいらっしゃいます。

ただ、多くの方が陥りやすいのは、何も考えずにスペースだけをたくさん確保してしまうことです。
家の広さには限りがありますから、収納スペースが増えればその分居住空間は狭くなってしまいますね。

収納上手になるためのコツは、まずあなたが持っている物の量を知ること。
そして、見やすく、出しやすく、仕舞いやすい収納方法で、管理することが大切です。
必要のないものはリサイクルやバザーに出したり、時には思い切って人に譲るなどして、

荷物の量を減らすことも大切ですね。

あなたのご家族にとって本当に必要な収納スペースはどれくらいですか? まずは、このことを考えてみてください。

ウォークインクローゼットの問題点は?

洋服ダンスを置く代わりにウォークインクローゼットにする利点は、何より洋服が探しやすいという点です。
また、背の高いものを仕舞っておく納戸として活用できる点も、便利でいいですね。
但し、全く難点がないというわけではありません。
狭いとは言え部屋ですから、長く仕舞っておくにつれて衣類の肩のあたりが埃っぽくなってしまうのです。

この対策としては、少し広めのウォークインクローゼットにして手持ちのタンスを入れて使うという方法があります。
一目で見渡せる良さは失われてしまいますが、デザインのしっくりしない家具でもインテリアを損なうことなく、
使い慣れたものをそのまま活用することができます。

また、全身を映すミラーを置けば、姿見になるだけでなく狭い印象を変えることもできるでしょう。

窓の位置はどうやって決めたらいいの?

間取りを考える上で窓の位置や高さはとても大切です。
少な過ぎれば(小さ過ぎれば)日当たりが悪く、多過ぎれば(大き過ぎれば)なんとなく落ち着けない、
家具を置きづらいなど、意外と決めるのが難しいものです。

また、日当たりや風通しといった住み心地はもちろん、お隣の土地に家が建っている時は

隣家の人たちに対する配慮も必要です。

自分の家の間取りにばかり気をとられ、窓から隣の家が丸見え。
気まずくてずっとカーテンを閉めたままなんてことになったら、
付けた意味がなくなってしまいます。

窓の位置や高さを決める時には、建築予定地の状況をきちんと把握した上で
プロのアドバイスを聞きながら、慎重に決定するのが良いでしょう。

コンセントやスイッチの位置や数はどうやって決めたらいいの?

実際に暮らし始めてみたら、「コンセントの位置が家具の後ろに隠れてしまう」、

「たこ足配線でコワイ」など、コンセントにまつわる不満もよく耳にします。

こんな失敗を防ぐためには、予め新居のどこにどんな家具を置くか、
どんな家電製品を使うかについて細かく考えておく必要がありますね。
また、家電製品の数と種類、分かる物についてはコードの長さやそのワット数についてもメモしておくと良いでしょう。

但し、あまりにもそればかりに気をとられると、ドアや窓の位置などを何も決められなかったり、
欲しい電化製品を諦めなければならないなんてことにもなりかねませんね。
最近ではコンセント付きの家具など便利なものもあります。
現時点でのベストを考えて、家づくりを進めて行きましょう。

叔母が風水に凝っていて・・・

風水に凝っていらっしゃるとのことですね。
一生暮らす家なのですから、いろいろな面から家づくりを考えてみるのはもっともなことです。
ましてや身内の方のご意見ともなると、そう簡単に無視することもできないでしょう。
あなたがこれから計画する家は既に間取りや仕様が決められている企画住宅ではありません。
間取りや仕様は自由に設計することができるのです。

風水や家相に興味のある方は、打ち合わせの段階で遠慮なくそうおっしゃってください。

(注)風水や家相に振り回される家づくりはよくありません。
鬼門にトイレなどの水廻りを避けるなどの最低限の注意を払うことは大切です。

二世帯住宅の注意点は?

二世帯での同居ということですが、同居と言ってもご主人様のご両親と同居をする場合、
また奥様のご両親と同居をする場合もありますね。

一番大切なことは、どんなカタチで同居するのが自分たちにとって望ましいかをご家族皆さんで
じっくりと話し合うことです。

現実と将来の両方を考え、ご家族皆さんが本音で話し合うこと。
そこでお互いの考え方を理解し合うことができれば、何も心配はいりません。
時間帯や食事の好み、子育てに対する考え方や価値観など、親子と言えども様々な違いがあるのが現実です。

お互いに気兼ねすることなく生活ができるように、玄関、キッチン、トイレ、浴室などをどのように設けるか、
時間をかけてじっくりと相談してみてください。
その際に、もし何かアドバイスが欲しいとお望みの場合は、いつでもご相談に応じます。

キッチンの設備が物足りない・・・

標準のキッチンの設備機器を物足りなく感じるとのことですね。

もちろん、ご希望のものに変更することはできます。
ただ、家づくりでは何が一番大切なのかをよく考えてみてください。

それは強い家をつくるための構造ですか? それとも見栄えが良い豪華な設備ですか?
家づくりにいくらでもお金を掛けられる人なら別です。
でも、身の丈以上のローン返済に苦しむより、強くて丈夫な家を適正な金額で建てることの方が
よっぽど大切なことだと思いませんか。

私たちは、家はあなたやあなたのご家族を守るための大切な器だと考えています。
家づくりの土台となる構造部分にお金を掛け、 それ以外の物についてはシンプルだけれど、
しっかりとした使い勝手の良いものを厳選してご提案させていただいています。

キッチンと洗面所が遠くて不便

家の住み心地は、どのような動線にするかによって大きく変わってきます。
使い勝手の良さや広さだけではなく、視線の動線が大切だということも言うまでもありません
(例えば玄関からトイレが見えると、あまり良い気持ちはしませんよね)。

一般的には、家庭を預かる主婦の皆さんにとっては、水廻りを集中させることによって、

使いやすい間取りになります。
間取りを決める際には、ご家族皆さんがどんな生活パターンで動くのかをイメージしながら決めることが大切です。
一番忙しい朝の時間帯は、どういうルートを通って身支度を整え、どういう順番で家事をこなしていますか?
ご家族皆さんで日頃の行動パターンをイメージしながら考えてみましょう。

隣家から苦情が出ることも・・・

自分の土地だからと言って、家を好き勝手に建てることはできません。
なぜかと言うと、各種の法律によって家の大きさや高さが細かく規制されているからです。
建築予定地にどれくらいの面積の家が建つのか、家の前の道路の幅が狭いなどといった問題については、
法律の専門的な知識が必要になります。
万が一、隣家から何か苦情が出たとしても、自分だけで解決しようとしないでください。

ここではプロの意見を聞きながら、十分に話をして対処することが重要です。
長く暮らしていく土地なのですから、ご近所の方々とも良いお付き合いをしていただきたいと
思います。

掃き出し窓の高さについて

最近の住宅の多くは、掃き出し窓の位置が地面から高く、直接外に出るのが難しいというご意見を

耳にすることがあります。

そして、実際はと言うと、その通りです。
その理由は、シロアリを寄せ付けることなく床下の換気を良くするためです。
家の中から直接外に出ることができたほうが便利だとお考えの場合は、ウッドデッキやテラスを

設けてみてはいかがでしょうか。
おしゃれな雰囲気を楽しめる他、天気の良い日にはそこでで食事を楽しんだり、
ガーデニングスペースとして活用できるのもいいですね。

ビシビシと音がする。なぜ?

ビシビシと聞こえてくる音についてのご質問ですね。
この音の主な原因は、柱や梁などの木材の収縮によって起こるものです。

木造在来工法では、家が建ってから一年間くらいはこの音が鳴ると言われています。
それほど心配はいりませんが、音の大きさや音質などで気になることがありましたら、

点検の時などにご相談ください。

(注)ビシビシという音が鳴るのは、木造在来工法の家の特徴の一つなので、ご安心ください。

ソファやピアノを運べる?

引越しの光景で、ベッドや机を外から吊り上げて運んでいるのを目にしたことがありませんか?

大きな家財道具は運び込むのが大変です。
気を付けなければいけないのはタンス、大型のソファ、長いサイドボードなどで、
その他にピアノを運び込むのも大変です。
物を楽に運ぶためには、廊下や階段の幅にゆとりを持たせるか、コーナーとなる部分にゆとりを考慮しておきます。
階段はまっすぐに上がるタイプならいいのですが、曲がりの部分があると運びにくいので、
予め寸法をチェックしておくことが大切ですね。

また、2階の窓から入れようとする場合はバルコニーがあると助かります。
いざ引越しという段階になって真っ青にならないように、物を運ぶという視点からも

チェックしておくことが重要ですね。

北枕について

仏教上の習わしから忌み嫌われているのが北枕。
家相などは特に気にしない方でも、北枕についてだけはこだわりがあるという方も多くいらっしゃるでしょう。

但し、限られた敷地で多くの要望を叶えるとなると、枕の位置にまで考えが及ばないケースも生じてきます。
折角気に入った間取りなのに、どうしても枕の位置にだけ納得できない、という話も稀に耳にします。
こういった問題は、本人の考え方によるところも多くありますから、対応が非常に難しいものです。
しかし、実用的な考え方としては、北枕を気にしない方が住みやすくなることも事実です。
また、敷地によって北の方位が傾いている時などは、どちらの面を北と見なすかで意見が別れることもあります。

「どうしても・・・」とおっしゃる方は、お早めに寝室の家具の配置を考えておくことをお勧めします。

荷物の大きさに応じて棚が欲しい

収納スペースについての希望は、お客様によって様々です。
この方の場合は、今の時点で手持ちの荷物の大きさに合わせて棚をつくって欲しいという依頼ですが、
これについては、次のようなことも考慮しておいてください。

これから先、お子様が成長されるに従って、荷物はもっと増えるかも知れません。
また、歳月と共に趣味も変わり、お手持ちの物が必要なくなったり、誰かに譲ったり、
処分しなければならないものも出てくるかも知れません。

最近はホームページや通信販売などで、良いものを比較的に安い価格で手に入れることができます。
サイズ、素材や色なども随分と自由に選ぶことができるようになりました。
焦ってつくり付けにするのではなく、ゆっくりと検討されてみてはいかがでしょうか。

基本編
家づくりの基本的な部分に関して、お客様が疑問に思われることをまとめました。
マネー編
資金計画や、税金のことなどお金に関する疑問についてまとめました。

●その他、家づくりに対してのご質問や疑問な点等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。
パルホームはあなたの家づくりの味方になります。

パルのお薦めコンテンツ

  • GW休暇について パルホームでは、以下の期間、GW休暇とさせて頂きます。 大変ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。 休暇期間: 平成30年5月3日(木)~平成30年5月6日(日)....

日付 5月26日(土)・27日(日)
時間 10:00~16:00
場所 宇部市東平原1丁目
内容

~完成現場見学会開催 ~



最終更新日 2018年4月26日


  • 木材協会
  • 安くていい家をつくる会
  • 住宅あんしん保証
  • 日本建築出版社
  • 住宅ローンアドバイザー